teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


訂正のお願い

 投稿者:奈良整形外科リハビリテーション勉強会  投稿日:2011年10月 9日(日)01時56分58秒
返信・引用
  10月2日付けでお知らせさせていただいた「症例報告会2011」ですが、一部変更がありましたので再度書き込みさせていただきます。

開催日:10月30日
    8:40~受付開始
    9:00~13:00(終了予定)
内容:一般演題発表
   (1演題の発表時間7分、質疑応答8分)
   ※各セクション毎に演題に関するプチレクチャー(座長レクチャー)があります。
場所:畿央大学 L101教室
参加費:奈良県理学療法士協会会員 無料
    整形外科リハビリテーション学会会員 無料

    非会員 500円
    学生 無料

前回書き込みさせていただいた内容と開催時刻が異なります。
今回書き込みさせていただいた時間で開催されますので、皆様お誘いの上、ご参加ください。
 
 

お知らせ

 投稿者:奈良整形外科リハビリテーション勉強会  投稿日:2011年10月 2日(日)21時24分2秒
返信・引用
  奈良整形外科リハビリテーション勉強会の症例報告会2011の開催についてお知らせさせていただきます。
今回は奈良県理学療法士協会、整形外科リハビリテーション学会の京滋支部の後援で開催させていただきます。

開催日:10月30日(日)
時間:10:00~15:00(予定)
主催:当勉強会
後援:奈良県理学療法士会・整形外科リハビリテーション学会京滋支部
内容:一般演題発表
会場:畿央大学 L101教室

一症例を丁寧に診ること、そしてその症例に対して熱くディスカッションする症例報告会です。皆様のご参加をお待ちしております。
 

奈良北和整形外科リハビリテーション勉強会

 投稿者:3期生・小野  投稿日:2010年 8月15日(日)19時30分57秒
返信・引用
  残暑厳しいですが、奈良リハ卒業生の先生方はいかがお過ごしでしょうか。
さて、ここで一つ広報をさせていただきたいと思います。

「奈良北和整形外科リハビリテーション勉強会・症例報告会2010」

日時:10月17日(日)
特別講演:(仮)肩関節の理学療法
講師:小野志操先生
一般演題:6~8題
場所:青丹学園
会費:勉強会会員    無料
    奈良県士会員 500円
    学生       200円
    その他     1000円

参加申し込み方法:nhsgrb_kousyuukai@yahoo.co.jpに、
①氏名(ふりがな)
②所属
③勉強会会員・非会員・奈良県理学療法士会会員の有無
④連絡先
を明記し、メールを送信して下さい。メール確認後、受付完了メールを返信させて頂きますので、数日経っても返信が無い場合は、再度メールをして頂くか、代表まで電話連絡をお願い致します。
定員は、会場の都合上、先着120名までとさせて頂きます。定員に達し次第、受付を終了致しますので、お早目の申し込みお願い致します。

詳しくは奈良北和整形外科リハビリテーショ勉強ホームページにてチェックをお願いします。
http://hp.xxxxxxx.jp/narahokuwaseikeireha/

(個人的な感想として)
奈良北和整形外科リハビリテーション勉強会とは、勉強会の名前として「北和」とついていますが、参加資格は問いません。
奈良県のどのブロックで勤務されている先生方でも、どこの学校に通学している学生さんでも参加OKの勉強会です。
ちなみに毎月の定例会や年間数回行われる特別講演などにいろんなところからたくさんの先生方が参加しておられます(僕の知っている範囲では奈良・大阪・京都・兵庫・三重・滋賀、などなど)。
毎月行われる症例検討では解剖学・運動学・生理学、そして機能解剖学をもとに一症例を丁寧に考え、いかに上手く・いかに早く治すかをコンセプトにしながら勉強している勉強会です。
僕もこの勉強会に参加させていただき、そして去年は症例検討会2009で「膝関節の機能解剖学」について3時間もお話させていただきました。
その中で感じた個人的な感想なのですが、「参加されている先生方は治すために必死である」ということを感じています。
当勉強会で代表をされている先生(勝手に名前を出していいのかわかりませんが...。)を中心に熱い討論が行われています。
皆さん、騙されたと思って参加してみてください。
今までの概念が変わっちゃいますよ。
 

奈良リハビリテーション専門学校同窓会主催研修会

 投稿者:岡山支部受講生一同  投稿日:2010年 2月 8日(月)21時10分56秒
返信・引用
  高橋先生、大原先生をはじめ、スタッフの先生方、先日は、奈良リハビリテーション専門学校同窓会主催研修会に参加させて頂き誠にありがとうございました。
先生方お一人お一人のきめ細やかなお心遣いにより、2日間大変気持ちよく受講させていただくことができました。
先生方の研修会に臨む姿勢を拝見させていただくと、我が身を反省する点が多く見つかりました。
今回の研修でいただいた刺激をバネに今後も努力して参ります。

またお会いできる日を楽しみにしております。
岡山にもまた是非お越し下さい。

この度は誠にありがとうございました。


岡山支部 受講生一同
 

奈良北和整形外科リハビリテーション勉強会

 投稿者:3期生 小野  投稿日:2010年 1月18日(月)23時02分43秒
返信・引用
  1つ告知をさせていただきます。
奈良北和整形外科リハビリテーション勉強会の新人向け講習会のご案内をさせていただきます。
タイトル:股関節の理学療法
日時:3月7日(日) 13:45~
場所:奈良県勤労者福祉サービスセンター
講師:おおすみ整形外科 リハビリテーション科 小野正博

是非ご参加ください。
 

初めて書き込みをさせていただきます。

 投稿者:3期生 小野  投稿日:2009年 8月14日(金)00時49分45秒
返信・引用
  ここで書き込む事ではないかと思いますが、少し書き込みさせてください。
今、ある勉強会でレクチャーをするため、Thoracic outlet syndrome(TOS:胸郭出口症候群)について少し勉強していました。
TOSは斜角筋三角部・肋鎖間隙部・小胸筋下間隙部などで腕神経叢が圧迫されたり、牽引ストレスが加わることにより多彩な症状を呈する疾患とされ、その診断基準として、明らかな頸椎疾患・肩関節疾患を含まないものとされています。
臨床上、C5~6領域での症状(痛みやしびれ・知覚異常など)はよく見かけますし、C5~6が第1肋骨に対し下行するように走行し、それ以降の神経(C7~Th1)は第1肋骨に並走しているという解剖学的特性から、肩甲骨のmalalignment(IST muscle弱化による肩甲骨外転・下方回旋)が生じることによりこの領域で症状が出現することは容易に考えらえます。
しかし、C7~Th1の領域(特にC7領域)での痛みが解釈できませんでした。
何気なしに解剖学書を眺めていると、C7は中斜角筋を貫きながら走行しているじゃないですか!
ここを貫くように走行しているということは、中斜角筋の拘縮・外傷(外傷性頚部症候群など)による筋の瘢痕化+肩甲骨のmalalignmentが生じると中斜角筋が伸張されるに伴ってC7が下方へ牽引されますよね。
なのでC7領域での症状が出現するわけですね。

これらの内容をこの場で書くことではないかもしれませんが、少し書き込みさせていただきました。
 

(無題)

 投稿者:4期水野  投稿日:2008年12月14日(日)18時23分18秒
返信・引用
  すみません…4期生のことを書かせてもらいます。布垣さん、野村さん、大西さん、久木野さん、熊埜御堂さん、南出さん、的場さん、寺田さんに水野のヤフーメールより、メールが送信できません。アドレス変更されたのか、PCからのメール拒否をされているかはわかりませんが、同窓会からのメール送信を希望される場合は、誰かに水野のヤフーアドレスを聞いていただき、メールを下さい。またこの掲示板を見られた方で、上記の人と連絡を取り合われている方はこの内容を伝えていただけると助かります。ご協力お願いします。申し訳ありませんが、これを最後の呼びかけとします。今年中まで受け付けます。  

パスワードについて

 投稿者:4期水野  投稿日:2008年11月 3日(月)21時30分58秒
返信・引用
  パスワードについては各期で異なりますので、申し訳ありませんがここでお教えすることはできません。各期の名簿管理人の方からの配信メールにありますのでそちらを確認していただくか、同期の方に教えてもらってください。  

パスワード

 投稿者:卒業生  投稿日:2008年11月 2日(日)02時10分52秒
返信・引用
  パスワードがわかりません。
どのようにログインするのですか?
 

HP作成しました

 投稿者:5期 松岡  投稿日:2008年10月26日(日)20時39分48秒
返信・引用
  皆さん、こんばんは。5期卒業の松岡といいます。このたび、同窓会の運営を円滑にするために、HPを作成しました。初めての試みですので、至らない点が多々あると思いますが、宜しくお願いします。  

レンタル掲示板
/1